captain-asagaya’s blog

リアルヒーローの1年間の旅の記録

コルカタ

12日間滞在したコルカタを離れた。

寝台列車で南の海辺の町プリーへ。


インド初上陸の地であるコルカタ。日本では見られないものを多く見た。

怒声をあげながら運転するドライバー、路上生活者、物乞いする人たち、ヤギの首狩り...


聞いてた通り、やっぱりカオス。


そして、今回の旅の大きな目的の一つだったマザーハウスでのボランティア。五ヶ所くらい施設があって、その中で希望していた「死を待つ人の家」で活動することできた。


衝撃は大きかった。

体の一部が壊死してる人。足が無い人。片目を失ってる人。突然叫び出す人。泣く人。

老人ばかりかと思いきや、ちらほら若い人もいた。

おっちゃん達は初対面の自分たちを警戒することなく頼ってくれたし、笑顔を見せてくれた。

仕事は洗濯や食事の補助、食器洗いなど。

排泄の手伝いもした。


正直自分にはとてもじゃないができないことがあり、人任せにしてしまうことがあった。

後ろめたかった。

けど、気持ちを切り替えて自分がやれることをやろうと思って動いた。

自主的に動いて、何も抵抗感も出さずに仕事していた人たちを心から尊敬する。


人力車で旅をしている「リキシャーズ」の方たちとの出会いは素晴らしかった。

大好きなものに対する熱い想いを聞けて刺激を受けたし、大きな収穫になった。

「好きなことをとことん好きになって仕事にする」って気持ちを加速させてくれた。


それ以外にも素敵な出会いがたくさんあって、インドの旅は順調な滑り出し。

調子に乗らず、今後とも気を引き締めよう。


f:id:captain-asagaya:20170830205736j:plain