captain-asagaya’s blog

リアルヒーローの1年間の旅の記録

RIZIN

RIZINをテレビで観戦。


那須川天心と才賀紀左衛門の試合が1番盛り上がったと思う。那須川の強さが光ったし、まだ高校生の今後の活躍が本当に楽しみだ。日本の格闘技の未来に希望を持った。

反面、負けた才賀を見ててどこか切なくなった。MMAに慣れたせいかスピードが無くなったように思えたし、アグレッシブさも感じられなかった。

過去のK-1のライト級のジャパントーナメントが開催された時は石川直生を破ったし、大和哲也のボディをきかしてた。タイトルは取ってないようだけど、間違いなく強い印象があった。

ビッグマウス連発で対戦相手に尊敬の念を持っているのかわからない態度。正直好きじゃないキャラクターだが、それは格闘技を盛り上げる為にも必要なこと。

そんな彼がほとんど何もできずに若手に負けるのには、無常感がある。


期待と虚しさの両面を感じた大会だった。