captain-asagaya’s blog

リアルヒーローの1年間の旅の記録

今日は役場の人の手引きで、フランスとマレーシアと韓国からボランティアに来た人たちと話す機会があった。

やはり価値観が全然違う。ものの見方も食文化も。

それらをたとえ理解できなくても、相手を尊敬して受け入れる心は必要だ。


フランスの方は大工さんだった。古い家の改修をしているそうで、築300年くらいの家も直しているそう。

俺が興味を持って色々質問すると、どうやら喜んでくれたらしい。仕事現場のいろんな写真を見せてくれた。

彼も自分の仕事が好きで、誇りを持っているようだった。和束の人たちと同じキラキラした目をしていたから。


そんな人はきっと、お金は大した存在じゃないんだろうな。好きなことをしているついでにお金が付いてくる感覚なんだろう。

つまり、仕事とプライベートの時間が混合している。1日の起きている時間全てが自分の好きな時間。それは完全な自由だ。その状態になればもしかしたら、もはやお金も休日も必要ないのかもしれない。


俺もそんな仕事を持てるようになりたい。そして、同じ目を持ちたい。