captain-asagaya’s blog

リアルヒーローの1年間の旅の記録

スターウォーズ7 フォースの覚醒

最後のジェダイ公開前に
復習のためフォースの覚醒2度目の鑑賞。
ストーリーは従来のスターウォーズらしい王道の展開で、気軽に楽しめる。相変わらずのご都合主義だが、スターウォーズにおいてはもはや定番なのでそれも許される。敵のザルな拠点防衛も微笑ましく見られた。

シリーズ初の女性主人公レイを演じたデイジー・リドリーはめちゃくちゃ可愛い。フレッシュで透明感のある彼女は役にハマりきっており、強さと弱さを併せ持つレイを見事に演じていた。大きな転機も修行もなくフォースに目覚める急成長ぶりには戸惑ったが、きっと何か理由があるのだろう。次回作でその謎が解明されることを期待する。


多くの点で良さが目立つ作品だが、観終わったときに面白かった!と思えなかったのは何故だろう。
その原因は主人公一行のライバルに当たるカイロ・レンにあると思う。

旧シリーズはダース・ベイダーというスターウォーズシリーズの顔とも言える魅力的な敵キャラクターがいた。
主人公のルークとの関係性は衝撃を受けたし、メカメカしい黒ずくめの巨人という出で立ちはいかにも悪そう。圧倒的な強さも相まって、強烈な存在感とカリスマ性を誇っていた。

反対に、今回の敵役カイロ・レンは非常に情けないヤツだ。捕虜は簡単に逃がすし、初めてライトセーバーを握ったレイに不覚を取る。しかも象徴的なマスクをあっさり外して素顔を見せる。その上とても悪人顔とは言えない甘い顔立ち。ガタイも小さく存在感も威厳も感じられない。
新しいタイプの十字のライトセーバーもカッコよくない。

そんなヘマばかりこいたカイロ・レンに対して、今回のシリーズの黒幕であろうスノークは「奴の修行は全て終わった...」とか満足げに言っちゃう。
ライバルであるカイロ・レンは、8.9にかけて強くなって活躍していくとは思う。だが、修行を完遂してこの体たらくぶりなのだから、何か革新的な成長がない限りちゃんちゃらおかしいことになる。

新シリーズが、というよりカイロ・レンの修行が軌道修正されることを切に願う!

最後のジェダイ公開前に
復習のため2度目の鑑賞。
ストーリーは従来のスターウォーズらしい王道の展開で、気軽に楽しめる。相変わらずのご都合主義だが、スターウォーズにおいてはもはや定番なのでそれも許される。敵のザルな拠点防衛も微笑ましく見られた。

シリーズ初の女性主人公レイを演じたデイジー・リドリーはめちゃくちゃ可愛い。フレッシュで透明感のある彼女は役にハマりきっており、強さと弱さを併せ持つレイを見事に演じていた。大きな転機も修行もなくフォースに目覚める急成長ぶりには戸惑ったが、きっと何か理由があるのだろう。次回作でその謎が解明されることを期待する。


多くの点で良さが目立つ作品だが、観終わったときに面白かった!と思えなかったのは何故だろう。
その原因は主人公一行のライバルに当たるカイロ・レンにあると思う。

旧シリーズはダース・ベイダーというスターウォーズシリーズの顔とも言える魅力的な敵キャラクターがいた。
主人公のルークとの関係性は衝撃を受けたし、メカメカしい黒ずくめの巨人という出で立ちはいかにも悪そう。圧倒的な強さも相まって、強烈な存在感とカリスマ性を誇っていた。

反対に、今回の敵役カイロ・レンは非常に情けないヤツだ。捕虜は簡単に逃がすし、初めてライトセーバーを握ったレイに不覚を取る。しかも象徴的なマスクをあっさり外して素顔を見せる。その上とても悪人顔とは言えない甘い顔立ち。ガタイも小さく存在感も威厳も感じられない。
新しいタイプの十字のライトセーバーもカッコよくない。

そんなヘマばかりこいたカイロ・レンに対して、今回のシリーズの黒幕であろうスノークは「奴の修行は全て終わった...」とか満足げに言っちゃう。
ライバルであるカイロ・レンは、8.9にかけて強くなって活躍していくとは思う。だが、修行を完遂してこの体たらくぶりなのだから、何か革新的な成長がない限りちゃんちゃらおかしいことになる。

新シリーズが、というよりカイロ・レンの修行が軌道修正されることを切に願う!

コルカタ

12日間滞在したコルカタを離れた。

寝台列車で南の海辺の町プリーへ。


インド初上陸の地であるコルカタ。日本では見られないものを多く見た。

怒声をあげながら運転するドライバー、路上生活者、物乞いする人たち、ヤギの首狩り...


聞いてた通り、やっぱりカオス。


そして、今回の旅の大きな目的の一つだったマザーハウスでのボランティア。五ヶ所くらい施設があって、その中で希望していた「死を待つ人の家」で活動することできた。


衝撃は大きかった。

体の一部が壊死してる人。足が無い人。片目を失ってる人。突然叫び出す人。泣く人。

老人ばかりかと思いきや、ちらほら若い人もいた。

おっちゃん達は初対面の自分たちを警戒することなく頼ってくれたし、笑顔を見せてくれた。

仕事は洗濯や食事の補助、食器洗いなど。

排泄の手伝いもした。


正直自分にはとてもじゃないができないことがあり、人任せにしてしまうことがあった。

後ろめたかった。

けど、気持ちを切り替えて自分がやれることをやろうと思って動いた。

自主的に動いて、何も抵抗感も出さずに仕事していた人たちを心から尊敬する。


人力車で旅をしている「リキシャーズ」の方たちとの出会いは素晴らしかった。

大好きなものに対する熱い想いを聞けて刺激を受けたし、大きな収穫になった。

「好きなことをとことん好きになって仕事にする」って気持ちを加速させてくれた。


それ以外にも素敵な出会いがたくさんあって、インドの旅は順調な滑り出し。

調子に乗らず、今後とも気を引き締めよう。


f:id:captain-asagaya:20170830205736j:plain


初体験

初めての経験は胃が痛むくらい緊張するものだ。

恐怖心が大きければ大きいほど終わった時の達成感や高揚感は大きい。


その時の経験は良かれ悪かれずっと記憶に残るもの。


今回のできごともアルツハイマーにでもならない限りは、間違いなく忘れることはないだろう。


根本にあるもの

ゲストハウスの他の旅人の話を聞いた。

その人はある事が大好きで、それに関連した大きな夢がたくさんある。

めっちゃアクティブでいろんなことに挑戦している。

考えるよりも先に動いてしまうって。羨ましい。


「自分がやりたいことの根本は何なのか。

その本当に欲している「何」に気づくと、逆算的に今何をやりたいのか、何をやるべきなのか自ずとわかってくることをある人に教えてもらった」

と語っていた。

その人はみんながワイワイ幸せそうにしてるのを見たり、自分も一緒にそうなるのが好きなことらしい。

その手段で、大好きなことをやってることに気づいたって。


この人の生い立ちと精神に、かなり刺激を受けた。


俺の根本にあるのは何なのか、考えてみる。

マイナス思考

コルカタに無事到着して2日目の夜になる。


日本人宿にお世話になっていて、自分以外に10人くらいの日本人がいる。


大きなチャレンジをしている人と話をすると、自分が本当にちっぽけで無価値な存在に思ってしまった。


こんな風になるのはあんまりないけど。


旅に意味や目的を持たせていた方がいいのかな??

って今考えてる。

出発の前の日

明日の朝の便でついにインドに旅立つ。


正直あまんまり実感がない。


行くあてはある。マザーハウス


家にマザーテレサの伝記マンガがあったからか、昔から興味はあった。


今回は実際に自分の目で現実を確かめに行く。



大きなものを持ち帰りたい。


そのために自主的に動く。

そして常にアンテナを張って、感じよう。


感情が露わになるほど、日本では見られない現実を感じたい。


今後の人生とか仕事に活かす!とかそんなもんは全く思ってない。


ただ、現実をこの目で確認したい。

そんだけ。



必ず生きて帰る!!